レンタカーを利用する際のルール|正しく借りよう

車をレンタルする手順

業者選びで重視すること

家族

車を持っていなくてもレンタカーを利用すれば、車を運転することができます。
車がなくても生活に支障のない地域では、車を持っていると諸費用がかかってしまい、生活を圧迫するほど費用がかさんでしまうこともあるでしょう。
また、いざという時のために車があった方が便利という場合もあるかもしれません。
そんな時こそレンタカーの出番なのです。
枚方ではレンタカーを利用できる店舗が豊富に揃っています。
枚方は大手のレンタカーは大体揃っていますので、レンタカーを利用する時には料金やプランを比較しながら選んでみてください。
枚方にあるレンタカーでは、ショップによって押し出しているプランなどが異なります。
激安プランを提供している業者では、車種は選べないなど比較的自由度が少ないのですが、その代わりに利用料が格安です。
レンタカーを利用する相場費用の半額程度で借りることができる業者もあります。
枚方には激安でレンタルできるレンタカーもありますから、費用を抑えてレンタルしたい時にも不便はありません。
デートをする時などは逆に高級車を選択したいという場合もあるでしょう。
ベンツなどの高級車もレンタカーで借りることができる業者がありますので、高級車を利用したい時は車種の豊富な業者を選んでください。
使用する用途によって業者を選ぶというのも重要です。
業者によっては、ポイントカードで利用するごとにポイントが加算されるシステムを採用しているところもあります。
ポイントカードやクーポンなどを利用して料金を安くすることもできます。

ルールを守って利用

ウーマン

家族総出の旅行では、ペットも大切なメンバーの一員です。
電車や飛行機では難しいペットとの旅行は、レンタカーを利用すれば楽に行えます。
ペットの同乗を受け入れているお店は、枚方エリアにもあります。
車種が限定されるなどの条件が付きますが、ルールを守る限り、ペット同伴での旅行は可能です。
ペットの同乗が認められているのは、ミニバンやワゴンなどのファミリー向けの車種です。
乗せる時には、ケージやハウスなどに入れておくことが一般的に条件となっています。
汚れはもちろん、臭いがつかないように気を配ることも同乗者の務めです。
枚方のレンタカーのお店では、ペットを同乗させる場合に手数料がかかります。
事前に電話予約が必要といったルールもあり、通常よりも手続きは複雑になる場合があります。
枚方周辺に住んでいる方は、枚方のお店でレンタカーを借りて目的地まで直接車で行くと一番スムーズです。
この方法なら公共交通機関を利用する必要がなく、ペットを乗せるに当たっても気遣いが少なく済みます。
レンタカーの場合も、ペットの大きさはチェックされますが、電車やバス、飛行機に比べると基準は緩やかです。
10キロ程度の犬や猫なら、大抵は問題なく乗車させることが出来ます。
ペットに対するルールは、盲導犬や聴導犬の場合には大分緩和されます。
ですので、体に障害を持つ方が愛犬と一緒にレンタカーに同乗する時には、ルールはよりシンプルです。
ペットの同乗に関しては応相談の部分もあり、お店との交渉も場合によっては必要です。

事前に免責補償に加入しよう

ミニカー

枚方市ではレンタカーの利用者も多く、枚方市内にも多くのレンタカー会社があります。
レンタカーに慣れてない人でも、慣れている人でも、いつどこで事故に遭うかはわかりません。
そんなつもりはなくても加害者になってしまうこともあります。
事故を起こしてしまったときでも、絶対にやってはいけないのがそのまま逃げることです。
レンタカーである以上必ずバレますし、重い刑事責任が課されます。
事故を起こしてしまったときは、まずは負傷者の確認をしましょう。
負傷者がいれば負傷者の安全確保を最優先にし、救急車の手配も行います。
それと同時に、警察にも連絡しましょう。
自身が怪我をしていて救急車で運ばれているとできないこともありますが、その場合は目撃者や周りの人に警察を呼んでもらうようにします。
警察に来てもらわないと保険金の請求に必要な事故証明書がもらえないためです。
相手がいれば、警察が来るまでに連絡先を交換しておくとよいでしょう。
その後、レンタカー会社に連絡します。
枚方で借りたのならば枚方市外にいても枚方のレンタカー会社に連絡しましょう。
レンタカー会社でも一定の補償ほありますが、十分な補償がないこともあります。
その場合にそなえて、自身の保険会社にも連絡するとよいでしょう。
その後、念のため自分も病院にいきます。
後になってから症状がでることもあるので一応行っておきましょう。
事故の加害者となると、最悪の場合多大な補償が必要になることもあります。
その場合に備えて、免責補償はなるべく入っておくのがおすすめです。